2011年12月07日

マイコプラズマ感染症が流行しています!

SKMBT_C25011120712080.jpg

現在、この地域には咳がなかなか止まらない感染症がいくつか流行しています。「マイコプラズマ」もそのひとつです。本来は学童に多い疾患ですが、最近当院では 幼児から成人まで幅広い年齢層で感染が見られています。家庭内感染や学校、職場での感染拡大も見られます。
マイコプラズマというのは病原体のひとつで、一般細菌とウイルスの中間くらいの大きさと性質を持っています。マイコプラズマ感染を起こすと、咳や発熱など、通常の風邪と同様の症状が現れますが、一般の風邪などで使用することが多いセフェム系やペニシリン系の抗生剤が効きません。診断が遅れ、適正な治療が行われないと、合併症としての肺炎を生じることもありますので注意が必要です。マイコプラズマは4年毎のオリンピックの年に流行すると言われていましたが、最近は右図のように毎年感染が確認されています。今年は特に感染が増えてきています。


症状:発熱、咳、咽頭痛、頭痛、倦怠感などがあり、咳が徐々に強まっていくというのが典型的な症状です。しかしあまり熱が出ないこともあり、初期には通常の上気道炎(風邪)と区別が付きません。上気道炎程度で治まる方もいますが、喘息持ちの方は喘息発作が起きたり、重症化して気管支炎や肺炎をきたしたり、また中耳炎、副鼻腔炎、髄膜炎の合併や発疹が出現することもあります。

感染:本疾患は感染症で、家族や学級などでの集団感染がときどき見られます。咳からの飛沫感染が主ですので、マスク着用が必要ですが、マスクで完全に予防することは出来ませんのでご注意下さい。潜伏期が2〜3週間と長いので、感染と気付かないことが多いです。

診断:症状や診察所見だけでは診断が困難で、通常の血液の炎症反応検査でも、判断は出来ません。当院ではマイコプラズマ感染を疑ったら、血液検査で「マイコプラズマ抗体」という検査をします(検査結果は2日目に出ます)。発症して5日目くらいからマイコプラズマ抗体価が上昇し始めます。肺炎の合併があるかどうかは、胸部エックス線検査で確認します。

マイコプズマ感染を疑う場合:@家庭内にマイコプラズマ感染症の人がいる。A学校や保育園や職場で流行している。B咳が長く続く。C喘息の治療をしても喘息発作が治まらない。D一般の風邪薬(セフェム系やペニシリン系抗生剤を含む)を内服しても発熱や咳が治まらない。

治療:マクロライド系の抗生剤(エリスロマイシン、クラリス、ジスロマック等)の内服で、通常は速やかに改善していきます。内服薬だけで治まり難い場合は、ミノマイシンやダラシンの点滴治療を行うこともあります。かなり重症でない限りは外来で治療できます。

咳が止まらないときには、マイコプラズマ感染症の他に、百日咳、クラミジア感染症、咳喘息、喘息、慢性閉塞性肺疾患なども鑑別する必要があります。
(2011/12/1)
posted by yclinic at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/51489619

この記事へのトラックバック